Hobby Gardens パソコン関連を主として
  様々な趣味の記録を書き綴っています。
Top Diary Create PC Tips Review &  
  Introduction
Anime & Games Homebuilt PC Machine Download Profile
  • Visitors
  • 今日の訪問者 : 20人
    全訪問者 : 52871人

El Capitanインストール

最終更新日 : 2015/10/03 17:31:53
カテゴリ : Review & Introduction  タグ : Macintosh, El Capitan

前置き&下準備

今月の1日に新しいMacOS 10.11 El Capitanがリリースされました。
というわけで早速El Capitanをインストールしてみよう!
今回インストールするのは次の二つ
・iMac mid2011
・MacBookPro mid2014
順番はMacBook->iMacの順。

早速インストール・・・といきたいところだけど,まずはアプリの対応状況の確認。
とはいえ入ってるアプリ全部を確認するのは手間がかかるから,OSに問題を起こしそうなアプリがないかをネットで調べてみた。すると案の定見つかったのが1件。
CanonのドキュメントスキャナDR-C225WのWifiセットアップツールがあると起動に問題が出るらしい。
Apple社OS X El Capitan環境とドキュメントスキャナー「DR-C225W」およびオプションWi-Fiユニット「WU10」の使用に関するご注意事項

以前に,CanonのプリンタMP640のWifi接続用のアプリが原因で起動がすごい遅くなったということがあったから,多分同じようなことなんじゃないかな。
とはいえ,ドライバ自体の問題だったり,スキャンアプリの問題では無いだろうから,Wifi接続の設定をオフにしてNetworkMonitorの自動起動を切って,インストールしてみようと思う。それでだめだったらTimeMachineで戻せばいいし。
それから,TimeMachineで戻す時のために,YosemiteのインストールUSBも作っておくことに(前に作ったもの失くしてたw)。 作り方は以下のサイト参照。ついでにEl CapitanのインストールUSBも作っとく。
【OS X Yosemite】インストール用 USB メモリ起動ディスクを作成して再インストールと復元をできるようにしておく
Mac OS X El Capitan(OS X 10.11)のインストールUSB作成方法

インストール!

AppStoreでダウンロードしたインストーラでOSのアップデート。とても簡単。

インストール時の表示はいつもみたいに「OSXインストール中」みたいな表示はなく,アップルのロゴと残り時間が表示されるだけのシンプルな画面。
MacBookProの方ではなぜかロゴが画面右上に寄ってた。恥ずかしがり屋さんかな?

しばらくしてアップデート完了。OSも問題なく起動したし,問題なく終わった。

アプリの動作確認

アップデートも完了したところで,よく使うアプリがちゃんと動くか確認。

まず最初に気になったのが,TotalSpacesというアプリ。
知ってる人は多いかな?MountainLionから無くなってしまった,デスクトップをグリッド表示のSpacesを実現するアプリ。
デスクトップが2つ3つならMissionControlで事足りるのだが,デスクトップ数が10を超えてくるとさすがにMissionControlじゃ大変ということで重宝してるアプリだ。
だが,これが動いていない。正確にはアクティビティモニタにはあったから動いて入るが正常に動作していない。
というわけでネットを調べてみると公式(?)の記事を発見。
How to run TotalSpaces2 on El Capitan どうやら,OS10.11から導入されたSIP(System Integrity Protection)というセキュリティ機能により上手く動かないらしい。
SIPとはどうやら/System,/usr,/binの中身をいじれないようにするものということだ。
だが,一応開発者用にその設定をいじるコマンドであるcsrutilなるものが用意されているらしく,コレを使えば何とかなりそう。

ただ,このコマンドを使うにはリカバリモードでないといけないらしいため,Command+Rを押しながら再起動,リカバリモードで

csrutil disabled

を実行。再起動して戻ってみると・・・あれ,まだ動かない。
とりあえず再インストールしてみよう,ということでTotalSpacesを公式ツールでアンインストール&最新バージョンインストール。
すると問題なく動いた。

お次は問題のDR-C255W。
とはいえ,こっちはUSBでつないでアプリ起動したら普通にスキャン出来た。ちょっと拍子抜け。
まぁWifiでの接続が出来ないのが残念だが,それはしばらくしたらCanonから新しいアプリが出てくるだろ,ということで。

他にもMicrosoftOfficeやVLC,Eclipse,Cyberduck,AutodeskMayaなどのアプリも一通り問題なく動いてるようで一安心。

純正アプリの新インターフェース

最後に公式アプリの変わったとこをちょこっとだけ触れておこうかな。

まずはSafari。インターフェースはほとんど変わってないみたい。ただ,新機能として,ブックマーク・イン・タブバー(今考えた)がある。ブックマークの内容をタブバーに記録出来る。ブックマークとの違いは常に新しいタブで開かれること・・かな?正直使うことは無いと思う。

次はディスクユーティリティ。これはおっきく変わったね。

ディスクユーティリティを眺めてて思ったのが,アクセス権の修復がないこと。
どうやらEl Capitanではアクセス権は自動で修復されていくらしい。メンテ項目が一つ減ったわけだ。

最後はメモだが,コレに関してはまだ使ってみてないからホントにインターフェースだけの紹介

見た感じだとフォントパレットやメモ一覧の3D表示ってとこかな?


以上,El Capitanインストール報告でしたー

やった,1年ぶりぐらいの更新だったけどそれについては一度も触れずに記事を書ききったぞ!

Comments

All Comments

この記事へのコメントはまだありません。

Post Comment

Name :

Title :

URL :

Comment:
※<a>,<b>,<font>,<i>,<s>,<sub>,<ruby>,<rp>,<rt>,<sup>を使用できます。

管理者にのみ表示