Hobby Gardens パソコン関連を主として
  様々な趣味の記録を書き綴っています。
Top Diary Create PC Tips Review &  
  Introduction
Anime & Games Homebuilt PC Machine Download Profile
  • Visitors
  • 今日の訪問者 : 70人
    全訪問者 : 64227人

ASRock XFast RAMでRamdiskの作成

最終更新日 : 2014/12/02 14:36:47
カテゴリ : PC Tips  タグ : PC高速化

Ramdiskを使おう!

Ramdiskとは何か?まずはそれを説明しよう。
Ramdiskは、いうなればめっちゃくちゃ高速のHDDやUSBメモリみたいなもんだ。
どれぐらい早いかって?そりゃとってもさ!w
下の画像を見てもらえれば分かるだろう。
左から順にHDD、SSD、そしてRamdiskだ。
桁が違うのが分かるだろう。

今回使うアプリはASRockFastRAMだ。
他のPCとかではSoftPerfectRamdiskを使っているのだが、今回はせっかくマザボメーカーから専用のアプリが出てるんだし使ってみよう、と思った訳だ。
ちなみにこのアプリはASRockのマザーボードを使っているPCでしか使用できない。
変態ボード万歳!!!
・・・まぁZ77Extreme4は変態ボードじゃないと思うけどw

まあいいや、設定方法ね。
まずはASRock Extreme Tuning Utilityを起動。
左の一覧からXFast RAMを選択。
ここでRamdiskの設定を行う。

DriveLette : ドライブレター。何でも良い。Ramdiskの"R"やTempの"T"、アルファベットの最後の"Z"を使うことが多い。僕はT派。
Disk Size : ディスクサイズ。いつも通り4096MB(4GB)。用途的には2Gもあれば十分だとは思うが、なんとなく4Gで。(あとで気がついたのだが,僕の使ってるPower2GoというアプリでDVDサイズのISOを開くためにはかなりのTemp領域が必要だったらしく,結果的に4G確保しといて助かった)
Ready Boost : これはシステムドライブのキャッシュを高速なストレージ(ここではRamdisk)に置くことでHDDを高速化するシステム。ただ、僕はシステムドライブがSSDで元々早いからあんまり意味が無い。
Memory pagefile : 仮想メモリ。メインメモリが足りなくなったときの退避場所。ただ,メインメモリが足りなくなってなくてもメモリ節約のために仮想メモリが使わえることもあるため,これはオンにしてもいいかもしれない(と,あとから気づいたw)。
System Temporary Files : システムの一時ファイル。インストーラが必要なファイルを展開したりする場所。Ramdiskを作る目的といっても過言ではないと思う。僕は後で自分で設定したいためオフ。
User Temporary Files : ユーザーの一時ファイル。ユーザー一時ファイル。システムの一時ファイルとさほど大差ない。環境変数からユーザー一時ファイル自体を消してシステム一時ファイルと統合することも出来る。今はオフ。
IE Cashe Files : InternetExplorerのキャッシュファイル置き場。そもそもIEを使うことは無いのだが、もしものときのためにオンにしておこう。

以上で設定完了。
STARTボタンをクリックすると、ASR_RAMという名前でRamdiskがマウントされる。
再起動するまでキャッシュファイル等の設定は適用されないので一度再起動する。

これでRamdiskの作成自体は終わり。
さて、ここからはキャッシュの割当てだ。
まずはシステムキャッシュ。
コンピューターを右クリック>プロパティ>右の中央下ぐらいにある設定の変更>詳細設定タブ>環境変数を開く。
上のユーザー環境変数にあるTEMPとTMPは削除、下のTEMPとTMPは編集でRamdisk内の適当なフォルダに割り当てる。(僕の場合はT:¥TEMP)

お次はGoogleChromeのキャッシュを割り当てだ。
割当てかたは、この記事でやった方法と同じだ。
スタートメニュー・タスクバーから起動した場合のキャッシュはT:¥CacheFiles¥GoogleChrome¥に割り当てる。
それ以外のときはT:¥CacheFiles(今回使ったアプリではIEキャッシュ割当てをオンにしたため、IEのキャッシュがT:¥CacheFiles¥Internet Explorerに割り当てられている。なのでT:¥CacheFilesは起動直後にも作成されている)に割り当てる。
なぜこんなめんどくさいことをするかというと,GoogleChromeはキャッシュの場所を設定できない。
そのため,タスクバーやスタートメニュー以外のキャッシュはシンボリックリンクによって解決したいが,シンボリックリンクはリンク先のフォルダが存在しなければならない。
というめんどくさい仕様だからである。

それでは設定方法。
スタートボタン・タスクバーのアイコンを右クリック>プロパティ。
リンク先の欄の末尾(「"」のあと)に半角スペースを入れた後、--disk-cache-dir="(キャッシュフォルダの割当て先)"と打つ。
また、シンボリックリンクの作成はコマンドプロントを管理者として実行し、以下のコマンドを入力
mklink /d "C:¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Local¥Google¥Chrome¥User Data¥Default¥Cache" "(新しいキャッシュの場所)"

そしてGIMPもだ。
環境設定を開き、左のメニューの一番したのフォルダを選択、テンポラリフォルダを変更。
これをしたらあのGIMPの起動が2秒になったw(はえええええ

これで一通り設定は完了だ。
おつかれさま!

Comments

All Comments

Post Comment

Name :

Title :

URL :

Comment:
※<a>,<b>,<font>,<i>,<s>,<sub>,<ruby>,<rp>,<rt>,<sup>を使用できます。

管理者にのみ表示